.

クルマを買い取ってもらうとき、そして自動車の売買のさいも印鑑証明という書類が必要になってきます。

この印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として効力を持つという事実を証明する公式な書類です。

印鑑証明書がなければその印鑑に関して実印で間違いないかどうかが裏付けられません。

個人にとっては相当高額な商談になる該当する車の売買のため実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明というものが登場します。

印鑑証明書をつくるためにはあらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。

書類に登録する印は普通、実印と言われ唯一無二のハンコでなくてはなりません。

印鑑を手配して近所の市町村役場の担当部署へいけば、印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードというものがもらえて印鑑登録手続きをした判子は実印ということになります。

印鑑証明書を発行してもらうには、市役所などへ行き、専用の書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

それから、自動交付機でも印鑑証明の書類を交付することができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですのでいつの印鑑証明だとしてもその効力はあるのです。

ただ自動車売却の際は必須条件として三ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

通常は期限を定める必要はありませんが、買取のときには、店側が期限を定めていますので中古車買い取りの予定があるとしたら買い取りが成立する前に用意しておくことが望ましいです。