.

換金を目的にして列車の切符などを大量に購入する●のキャッシュ化サービスというもの使用せずに、自身が現金化する目的にてクレカで決済をすることも同様です。楽天カード

現金化することを狙っているクレジットカードの使い方であると、契約条項違反になってしまうため。

複数枚の新幹線等の切符や切手販売等におけるクレジット利用をすると、最悪の場合現金化する目的じゃないか??というように目をつけられる恐れなどもあり得るので十分気をつけることが必須ですもし、利用時にキャシング額の方が上限となってしまっているケースにおいては、切符等を決済することにトライする時にクレジットカード会社の方から連絡が来ることもあるためお金がない時の使用については出来なくなる模様。

問題のある状況で企む手段は皆同じようなものなのでしょう。

クレジットカードの発行会社から見て問題ある使用法をしてしまう)一昔前に話題だった『永久期間』というようなカード会社にとって一つも利益とならないようなルールに違反した使用方法をした場合にはクレジット発行会社の判断によって強制没収させられる話などもあるようです。

インターネットに噂になったカードポイントの不正な入手など世間には流れていない秘密のやり方があったとしてもそれらの情報はどう考えてもクレカのルール違反になるからどんな理由があってもやってしまわないようにして欲しいと思います。

失効となってしまった内容については他のカード会社も知りうる:クレカを失効させられたとしても他の会社のクレジットカードであれば使えるからひとつくらいであればいいじゃん??と考えた方は、この情報化社会においてはそれが命取りになる可能性もあります。

なぜかと言うと、失効になってしまうような状態にっなってしまうとカード発行会社各社が見ることが出来てしまう個人情報へ事故情報が更新されるから、登録された人の信用というものがなくなる事例があるため。

いずれか1枚であるとしても強制退会させられた場合、以後クレカですら契約できなくなってしまいますし現在有しているカードを強制失効となる可能性もあり得るのです。

幸運にも継続利用できる場合でも期限切れ時に継続できなくなると思われます。

何回も述べたように、強制失効になる使用は絶対しないようルールを守ってクレジットをご利用頂きたいと思っています。