.

直接的でないカードの手順はたやすいです。

クレジットで直で買えない品物をそのまま購入するという事ではなく、二次的に買い取りする方が得策です。

解説が簡素なため、第一にある商品券のケースを採用して示してみたいと思います。

ある男性が有名な銘柄の服を手に入れたいと考えて立っています。

買いたいブランドカバンを売っている店舗では買いたくてもクレジットカード使用で払う事が無理です。

ですがJCB、NICOSなどの金券を利用すれば購入を受け入れてくれるといっています。

そこでとある人物はクレジットカードを使用して券を注文する事が可能な商品券を売っている店舗に訪れカードを用いてJCB、American Express、Diners clubなどののギフト券を購入してみました。

続いて利用したクレジットカードを使って取引したVISA、American Express、Diners clubなどの商品券を売店に持参して訪れ、使いたかった高価なカバンを注文したとしましょう。

「一体なぜギフトカードで購入した個人は例のような手間をとらせることしているのでしょう?」と考える事もあるかもしれませんが実をいうと今話した手法を使用する事によって実際得られることのないクレジットポイントが獲得できます。

普通に、現金を払って高価なコートを購入したりした時でもキャッシングポイントは獲得できませんし、VISA、MasterCard、NICOSなどの商品券を即金で購入した後に利用してもポイントはゲットできません。

でもこの事、JCB、NICOSなどの券をカードで買い取りしたという根拠により有名なバックを買い付けしたときとつりあう分のカードポイントが得られるという事なのです。

こういう状態が直接商品を買わずにローンを利用した状態になっているという理由により直接商品を買うのでないクレジットと言われる進め方です。