.

ようやく開始する時という場合には何をおいても事前調査を横着してはいけません。相場に入る前であったならば、その物を論理的に見つめる事のできる余裕がある。ところが、ひとたびマーケットの中に踏み込んでしまうと、どう試みても物の見方が客観性を欠くものになり時々正しい判断が分からなくなるリスクを負います。その分自分の頭が落ち着いている段階で、ちゃんとした事前準備が必要です。”準備”のためには、まずは自分なりの物語を書くことからスタートします。これからのあの通貨はああだから、円を勝負するみたいな、自分の脚本を書いていきます。次に日足チャートを調べましょう。それまでのマーケットの値動きをチェックして今現在の位置を見ます。そうすれば、「今はだいぶ行き過ぎた状況である」など、または「もう多くの方が取引しているからこれから遅れて売り(または買い)しても今さらなすすべがない」ということが判断できます。当然、今となってはしかけるのが間に合わないなと思ったならば、何もせず、この場面ではすっぱりと割り切ることが重要です。無理にあなたなりの筋書きを妥協しないで、吹っ切らずに新規エントリーすると、マーケットにやられてしまい、反対に損失を被ることになる危険があります。ただし多くのケースで準備万端のシナリオを作っておくと仕かけるのが手遅れという状況にはなることはありません。おそらく、具体的に為替相場が動意づく前の状況のはずです。更に、とりあえず自分がエントリーしようと検討している外貨の変化を確認する事が不可欠です。例えば円安になると予想する筋書きを作成したのであればその通貨の変化に注目する事が大事です。外国為替相場の変化をチェックし始めたときではドルは誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せないで上がったり下がったり小さな上げ下げをしているだけでしょう。しかしながら、その動きをじっくりと確認していると、あるポイントで少しずつ、円安へと相場が変動し始めます。この場面でいよいよ、ドル円のトレードします。これだけ用意を進めておけばその売り買いで勝てる率はぐっと高くなります。