.

交通事故があった状態で、己が被害者の場合でも、相手方が責任を一切認めない状況はたくさん聞くことがあります。しようとして起したのではなく注意不足で乗用車を激突された状況などにそういった言い合いにうつってしまう状況がないとは言えません。例えそうであってもその場で車のみの事故対応され、時間が経って後遺症が出た時に、診てもらった病院の診断書類を警察に提出するというのは後手に回る感はしょうがなくなります。それでは車の事故の過失割合はどんな認定基準が設けられているのでしょうか。正確に説明しますと警察が確定するのは、主として自動車事故の原因が存在するのはどちらであるかという事であり過失の割合がどうなのかではないのです。まして、最終的に明確にされた事故の責任者が教えられる事は場面はないです。過失の割合がどうなのかは両者のやり取りによって明確にされ、その事が自動車事故の賠償の算定のベースと判断されます。この場合に、関係者全員が任意に加入する自動車保険に入っていなかった時には、両方がダイレクトに話し合いするしかありません。当然の事ですがそういう協議では、非理性的な口論になる状況が高くなります。この上、主張に相違があれば下手をすると、訴訟になりますが、これは長い年月と訴訟費用膨大な負担となってしまいます。そこでほとんど事故に関わってしまったそれぞれの運転手についている保険の会社、その双方の保険の会社にやり取りを任せる手段を利用して、妥当などちらに何割過失があるのかを落ち着いて結論付けさせるのです。そういった時には、保険の会社は、それ以前の自動車での事故の裁判の判決から算出した認められた基準、判例タイムズなどを元に推計と交渉を交えて過失割合を決めます。とは言っても、交通事故では遭遇したのか起こしたのかに関わらず、とりあえず警察を呼ぶのが重要です。その後、自動車保険の会社に連絡してその先のやり取りを一任するのが順序になります。その手順さえ把握しておけば、両方の無駄な話し合いとなるケースを未然に防止できるに違いないのです。