.

自動車重量税、略して重量税という税金は、国産メーカーの自動車や海外の車という自動車の生産国やプラグインハイブリッド車、1BOX車という車のタイプに例外なくマツダやBMW、等にも一般的に納税の義務がある税なんです。新車を登録する際または定期車検の時に支払うものなのです。その金額はその車の車重によって定められています。「自動車重量税」と「自動車税」は違う概念のため、基礎となる税金を理解して混同しないようにしましょう。「自動車重量税というものはウエートによって」「自動車税とは車の総排気量によって」金額が変わってきます。それにより引き取りする際の扱いも変わりますから注意しなければなりません。自動車を売却するときには支払い済みの車の税額がどれだけあっても、その税金が返還されることはないのです。一方、自動車税の場合は支払い済みの税額を売却額に乗っけてくれるといったことがありますが、重量税の場合は上乗せされるというケースはなかなかないでしょう。重量税というのは、どれだけ支払い済みの金額が残っているとはいえ車の買い取り専門業者にてそのことが忖度されるケースはほとんどないものなのです。なのでその次の支払いつまり次回の車検まで待った上で買い取りを依頼するということが最も良いです。自動車の買い取りの時は考慮されないのが重量税ですがあるケースでしたら返還されることがあります。というのは車検期間が残ったままの廃車処理する際です。要するに廃車登録をすれば残っている車検期間に応じて額が返ってきます。ただ中古車引き取りの時はその中古車が廃車になるのとは違って返金されません。そして、車の名義を変更してしまったケースや盗難被害に遭ったケースなども返金してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある自動車を手放すということは、要するに車検期間が残っている自動車です。そのことを買取側も考慮しますので重量税が残っていれば買取金額は上がるでしょう。当たり前ですが買取金額は業者次第でまちまちなのですが、車検期間が残っているということが考慮されれば、売却する自動車の売却額と比較するとそれほど割に合わないということもありません。