.

加盟店で全部の所有カードが使用可能なのでもない□クレカ会社の加入店舗は大抵、たくさんのカードのブランドに加盟していますが不便ですが全ての契約店で全てのブランドのクレジットカードが使えるのでもありません。つまり昔ながらの店舗の場合だとJCBの書いたクレカしか使えない場面もあるし、最近できた契約店の場合だとビザやマスターカードのブランドの書いてあるものしか使用不可な場面もあるでしょう。ダイナースのようなクレカの場合いっそう切れない状況が増えるでしょう。どのような所有カードが使用できるかをどんな方法で見分けたらいいのか?「ではどのような方法で何の印のクレカが使えるか見分けたらいいんだろう?」というと、きちんとしたことを見るためにはお店の誰かに確認してみる以外ないというのが残念だけどその答えになります。だがたいがいのお店や料亭には加入店の目につきやすい場所に使用可能なクレカ会社のロゴがプリントされているシールが掲示されているため「そうかそこのお店ではMasterCardが切れるのか」という感じにわかるようにされてるし確認しておいていただけると思います。しかしながら、きっちりと管理が出来ていない店舗で切るときにはステッカーが貼られている状況でも「うちではご提示いただいたカードは決済いただけません」等の対応をされる場合もあるためあたふたしてしまう場合だってあるでしょう。贅沢をいえば可能な限り全てのお店でクレカが決済できるようにしたいのならば、別の種類のマーク(インターナショナルな会社)がプリントされた一般的なVASA、ダイナーズといったクレカを2、3枚申し込んでおくようにするとよいと思います(例として:UCカードを契約しているならその次はMasterCard付属のクレジットカードを使用するなど等)。海外に出ないならVISAカード、MasterCard、JCBの3つの印が入ったクレジットカードを日ごろから携帯しておけばほぼ全国の契約店で少なくとも1枚のクレジットカードを切ることが可能です。クレジットカードを使って効率的にスマートな支払いを継続していくには確実に上記のカードを使えるようにしておいていただきたいと思います。